防水工事について

ボタンとインフォメーション

  • ちょっとした工事でもお任せください!
  • 仕事にかける想い

住所:埼玉県羽生市大字与兵衛新田字道上 305-6 TEL:048-566-2211

お問い合わせはこちら

対応エリア

QRコード

FRP防水

FRP防水

FRPとは繊維強化プラスチックス(FiberReinforceedPlastics)の略称で、他の防水材とは比較にならない程高硬度で、耐久性と防水性を有しているのが特徴です。
しかし硬くて接着力が強いので下地の動きに追従できず割れてしまうことがあります。
紫外線や高温・低温にも対応できることから、近年、幅広く利用されるようになり、毎日の洗濯物干しや、家庭菜園・ガーデニング・屋上緑化など、歩行頻度の高い屋上に最適な防水です。
また、防水性が高いことから水によって建物が侵蝕されやすいベランダや浴室などにも適しております。
特に、一般住宅では普及率が年々高まっており、木造住宅のベランダでは8割以上がFRP防水と言われています。

[メリット]

狭いスペースでも施工ができる。
軽量で強度が高い。
様々な形状に対応でき、着色が自由なのでデザイン性がある。
すぐに乾くので短工期で施工可能。
継ぎ目がないので、防水効果が高い。

[デメリット]

施工範囲が広範囲の場合、高額になる。
素材自体の強度が高い為、伸縮性が低く大きな動きに弱い。

シート防水

シート防水

シート防水は大きく分け、ゴム系、塩化ビニール系の2種類に分けることができます。
施工場所に合わせて2種類のシートを使い分けるのですが、張りつければ完成するので、水槽の腐食やビルの屋上防水、屋根の急勾配、プールが老朽化した際の補修など、様々な用途で使用されております。
また、防水層のメンテナンスとして一般的な保護塗装が原則不要になるので、維持管理費も節約することができます。
更に伸縮性に富んだシートを使用するので、建物の収縮に追従性する優れた防水材料と言えます。

[メリット]

シートなので品質にムラがない。
カラーバリエーションが豊富。
短工期で施工可能。
ちょっとした歩行ができる。

[デメリット]

シートなので繋ぎ目になる部分が生じる。
複雑な形状のものには適していない。

ウレタン防水

ウレタン防水

液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、塗布した材料が化学反応して固まると、ゴム状で弾性のある防水膜が出来上がります。
液体状の材料を使って仕上げる施工方法なので複雑な形状をした場所でも、シート防水のように繋ぎ目ができる心配がないので完全な防水膜を加工できます。
また、改修時に建物の傷み具合や利用方法に最適な防水層を提供でき、改修工事用として需要が多くあります。

[メリット]

複雑な形状の屋根やベランダにも施工ができる。
弾性が良く改修にも新築にも良好。
耐候性が良い。
継ぎ目がないので、防水効果が高い。
防水層が軽量で建築物に負担をかけない。

[デメリット]

価格が少し高め。
乾燥期間が各工程で必要なため工期が掛かる。
5年を目安にトップコートの塗り替えが必要。

アスファルト防水

アスファルト防水

合成繊維不織布にアスファルトを含浸・コーティングしたシート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。ルーフィング類2~4枚を積層することにより、水密性に優れた防水層が構成されます。
防水層の施工方法には、熱工法、トーチ工法、常温工法があります。
一般的な防水層の仕上げ方法は、保護コンクリート仕上げ(押えコンクリートとも呼ばれる)と露出仕上げです。
他には屋上緑化を施したりと多彩な仕上げ方法があります。

[メリット]

最も歴史があり信頼性が高い。
密集した地域や狭い場所などに効果的。
水密性、耐久性に優れる。

[デメリット]

何層も貼り重ね積層していくため、『重く』なるため建物自身の強度を必要とする。
溶融釜の管理が難しい。

 

メールでのお問い合わせはこちら